バイクの買取なら、70年、80年、90年代のバイクの買取専門店。​不動、程度下、程度中、程度上で買える金額を査定します。​
どんなバイクでも1万円以上で買い取ります。​外国車・スクーター・2000年以降のバイクの買取りはおこなっておりません​。

 

買取エリア​

東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、福島、宮城、静岡、他ご相談​

相場・詳細は下記メーカーページより確認

ご相談はこちら

70年、80年、90年のバイク買取相場について

旧車の買取相場は、バイクの種類により大きく3つに分けることができます。近年、特に人気が高いのが70年代に発売されたホンダCB750、カワサキZ1、Z2に代表される憧れの的の絶版車となります。

ホンダならCB系、カワサキならZ系、スズキならGSX系、ヤマハならナナハンキラーと呼ばれたRZ系が長らく高い人気を誇っています。

代表的な車種は、CB750、Z1、Z2、GSX1100刀、RZ350となりますが、買取相場が非常に安定していて年数が経っても値段が下がりにくいのが特徴です。

特に近年、人気を伸ばしているのが、NSR250・TZR250などの排気ガス規制で販売が出来なくなった、2サイクルエンジンのレーサーレプリカです。

近年絶版部品の供給をメーカーが始めるなど、数が少ないRG400ガンマやRG500ガンマ、RZV500などのレーサーレプリカは最終型のモデルほど高値安定な相場が続くことが予想されます。

そして最後に、90年代のバイクでも影響をあまり受けていない、VF系、FZ系、GPZ系等は、今後の需要の拡大が予想されているバイクとなりますが、まだ熱狂的な信者が現れるまでにはもう少し時間が必要だと思われます。​

旧車に強い創業35年、バイク好きのバイク買取専門店​

当社は創業以来35年、旧車を乗ってきて70年代、80年代、90年代のメリットデメリットを熟知しているのはもちろんのこと、小排気量から大排気量のバイク、この時代のバイクの特徴として当時物のマフラーなどの定番カスタム、フレーム補強から足回りまでフルカスタム化したバイクまでカスタマイズを理解しているバイク買取店です。

当時物のカスタムと言えば、ヨシムラやモリワキ、ビートなどの当時物のカスタムをする方が多いですが、近年ではいろいろなメーカーのパーツを装着しているバイクを多く見かけます。その傾向はとくにZ系に顕著で、それぞれのバイクが持つ特徴をしっかりと理解することがバイク買取店には求められます。​

旧車の高価買取のポイント​

旧車の高価買取ポイントは、CB系、Z系は適切な売却のタイミングです。相場が近年高止まりし、緩やかに元の相場までにはいかないとしても、本当に走りたい方が買える相場になると考えてます。

旧車はメンテナンスが特に重要になります。そのほかに保管場所の確保、定期的なエンジンの始動、走行、維持する労力は結構大変です(そこが楽しい部分でもありますが・・・)どのモデルも基本的に高いのは当時の純正フルノーマルであるのが基本ですが、カスタムした場合でもバランスが重要なポイントとなります。

そして、最も重要なことは、それぞれのバイクの特徴やカスタム化を把握していて、なおかつ旧車のトレンドまでも理解している当社にお任せいただければと思います。​

バイク買取の流れ

 

買取エリア​

東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、福島、宮城、静岡、他ご相談​

相場・詳細は下記メーカーページより確認

ご相談はこちら